天然久米島産 太もずく

毎年4月から6月にかけて収穫される天然太もずく。

沖縄の太もずくは本土のもずくと違って一本一本が太く歯ごたえがあります。沖縄の天然もずくはフコイダンと言われるヌルヌル成分が多いことで有名です。

コイダンとは?


久米島天然太もずく

「フコイダン」はモズク、コンブ、ワカメなどの褐藻類に多く 含まれている海藻特有の ヌルヌル成分で水溶性食物繊 維の一種です。健康食品の原料としても使用されています。
そのフコイダンが天然もずくには昆布の約5〜8倍も含まれると言われています。



天然と養殖の違い

養殖もずくは一般的に掃除機のような機械で吸い上げ砂と一緒に根っこま で収穫されますが、天然ものは藻が太いため、機械で吸い上げることが できず、手摘みで収穫されます。 手摘みの良いところは、藻に傷がつきにくく、ヌメりやネバりがしっかりと残るところ。サラッとした養殖物に比べ、天然ならではの歯応えとヌメりの触感を味わえるが一番の醍醐味です。天然もずくの豊富なヌメりは、フコイダンの多さの証しです。

商品名:海人・島袋さんの久米島産太もずく天然(塩蔵)
内容量:500g
賞味期限:開封前 6ケ月(開封後、要冷蔵)
販売価格 756円(内税)
型番 KS060